story 不眠症に悩んでいるならまず日々の見直しから

まず現代の人にありがちな寝る前のスマホ・パソコンです。こうしたツールは非常に便利ですが、寝る前に使用してしまうと脳が覚醒してしまいますし、眠りを誘う物質、セロトニンの分泌量が減ってしまうということも判明しています。また寝る前の食事も要注意です。食事を摂ることで、消化のためにいつまでも脳が眠れない状態になってしまい、浅い眠りになってしまいます。スープやホットミルクなどで身体を温めることも大事ですが、カフェインなどの刺激物を含む飲み物は出来るだけ避けた方が良いでしょう。カフェインは利尿作用もありますし、また眠りが浅くなってしまう原因にもなります。日常生活の中で見直せるポイントは他にもいくつかあります。例えば寝る前の食事だけでなく、食事時間帯にも気をつける必要があります。好きな時に食べるのではなく、規則的に時間を決めて食事をすることで、体内時計が調整できます。気持ちの面でも大切なポイントがあります。眠る時間を決めて就寝すると、眠れないことでもやもやと悩んでしまうので、眠くなってからベッドや布団に入ると良いでしょう。眠れないことにとらわれて悩んでしまうとそれもまた眠りを妨げてしまうため、気持ちの部分でも自分を苦しめない事が重要です。こうした少しの工夫でも自分の状態が大きく変わる可能性があります。まずは無理のない範囲から始めてみると良いかもしれません。

新宿 タイマッサージ リラクゼーションサロン

社員証 価格

ページ一覧

  • TOP
  • 【噂話】自分で出来る不眠症の改善方法
  • ~blog~私の不眠症との付き合い方
  • BLOG 不眠症に効く飲み物や睡眠方法
  • 連載!不眠症で睡眠がとてない